「夢を語ること」と「今を慈しむこと」

去年の今頃だったでしょうか。

浦安の友人、willさんにお声かけいただいて、こちら主催の、
「銀座アントレプレナーゼ起業塾」にお邪魔させていただく機会がありました。

とはいえ、銀座。身に余る光栄。
しかもアントレごにょにょ・・・というネームバリューに押され(汗)

さすがの不良妻もフル参加は叶わず・・・

当時、塾長からの課題をメールでお送りしたまま、そのまま胸にしまって日常を暮らしておりました。
e0145248_1544558.jpg
(Photo:一号さん)



なぜ、仕舞ってしまったのか・・・
そしてどうして、また語る気になったのか・・・

それは、先日のママイキスペシャルでの

  「自分の夢を語る」

というワークの影響です。
e0145248_15192925.jpg
意外に思われるようですが、私が最近口にする夢、といえば、

   「家族に見守られながら静かに死ぬ053.gif

という、何とも現実的。
かつ、究極のビジョン037.gif
e0145248_15425472.jpg
これでいいのか!?と、自分の枯れ具合にたじろぎつつも037.gif

なにしろ最近、夢流行り!?



なんだか、

 「壮大な夢を描くこと=幸せな人生の条件」

であるかのような風潮に、逆流したくなってしまう
、あまのじゃく店主037.gif



いやいや、
夢を語ることで、脳の潜在能力を利用する・・・という理屈はすごく分かります。
(脳科学好き店主037.gif

その、体や脳の仕組みをポジティブに利用する風潮はとってもとっても興味深い!

ましてや、語ることによる「引き寄せの法則」も、さもありなん。


でも、ここ半年くらいかな。

 「夢を描く力」以上に「今を大切にする力」の方を大切にしたいなぁ。

と意識するようになり。
e0145248_15203097.jpg
***

けして両者が対立するものではない、と頭では分かっていても、
「夢を!夢を!」と言われれば言われるほど、なんだか窮屈な気持ちになり、

そんな自分って、

 「情けないのかなぁ・・・」

と思ったり。

 「いやいや、そない多くを求めんでも・・・」

と思ったり。




多分、その「夢」「今」のバランスがとれた時、日々の生活に、

 「張り」「潤い」 

の両方が自然と生まれるんだろうなぁ・・・



なんて、想像するのですが、とにかく不器用な私・・・




夢を描くのも楽しいけれど、その夢を見つめるあまり、

 「今、この瞬間を見守ること・楽しむこと」

を忘れそうになっちゃぁいないか??


気付けば、そんなことをしょっちゅう自問自答しています。

そう、なにぶん、自分の器のせいなんで、けして夢が悪いわけでもなんでもない。


多分、イドを通して、これまでの人生にないくらい、
たくさんの人と関わらせていただくようになったことが、大きいと思います。
e0145248_15243032.jpg
大した規模でもないのに、それでも、なんだか、
お一人お一人ともっと深く関わりたいのになぁ・・・と、感じている自分。

***

それと同時に、ありがたいことに、
自分が語ると、物事がすぐに動き出すことも増えました。
e0145248_15262642.jpg
そう、贅沢な話ですが・・・

夢を語れば、現実が動き出す・・・という空気を感じてしまうと、
今度はそれが怖くなる・・・

家族、とくに子どもを持ってから、ともすると守りに入っている自分。

***

変化が生み出す負担を今の自分は背負いきれない。

きっと仲間にも重かろう・・・・

と思うと(ママイキでいう「憶測」ですねっ!!)、
自然と語らない日々が続いてしまったように思います。

***

今回、ママイキで「枯れた夢」を語りながら、

人生を逆算して考えました。


「静かに死ぬ053.gif」ったって、満足して死にたきゃ、

  「チャレンジしたいこと」があるだろう。

  幸せに死ぬためにしてみたい何か、それこそが「夢」というものだろう。


そんな風に腑に落ちたので、やっぱり、夢は語らねばね!と思いなおしました。


流れにのるかそるかはその時の自分次第。
誰かに代わりに乗ってもらってもいいのだし。


なにかと「言いだしっぺ」であることが多く、
それに比例して、判断を仰がれる場面がネズミ算のように増えて・・・
というのが、
大げさだけれど、ちっぽけな私の、最近の実感。


でも、「言いだしっぺ」にならなきゃ、私は満足して死ねない。
ってことを見て見ぬふりはしない方がよさげですよね!?



「負担だから言いだしっぺにもならない」じゃなく・・・
「いかに仲間を巻き込むか」が、私の課題なんだろうな。


それこそ、ひろっしゅコーチからも、折に触れご指摘いただいてきたことダ(汗)

「Leaさん、今のままじゃもったいないよ! それがあなたのテーマだよ。」

はい、その通りです。
e0145248_15422869.jpg
(Photo:ひろみちゃん at ママスペ 思いだすだけで叫びそうになる迷司会。)

まだまだ、守りに入りたい自分もいて、何かが劇的に変わったと思えないけれど・・・
スタッフやみなさんの力をお借りして、夢は現実になるかもしれないし、
ならないかもしれない。


でも、何もやらないでいるよりは、失敗でもなんでもした方が、確実に・・・


私は満足して死ぬでしょう037.gif
e0145248_160082.jpg


っとここまで、独白ながっ・・・!!
お付き合いいただいているみなさん恐縮です。

***

で、肝心のママイキの宿題、「私の夢」は・・・


冒頭の塾長からの、
  
  「10年後の私」が、「今の自分」に手紙を書いたなら・・・


という課題に応える形で、去年作成したものを次に投稿させていただこうと思います。

引っ張るつもりはないんですが・・・我ながら長すぎっスイマセンスイマセン。


エキサイトブログから、生まれて初めて、
楽天みたいに「文字数を減らして再度投稿を」的指導を受けちゃいましたってば(汗)


では、減らしたところで、ポチっとな。



 追記:【私の夢 2010】10年後の私からの手紙






***

(↓)励みにしてます♪ 今日は何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ



***
***

■mixiでイドの最新情報が見れます。
 060.gif「アトリエ・イド」メンバー用コミュ (お知り合い・マイミクさんならどなたでも♪)

■イドのことが分かるかも。
 060.gif「アトリエ・イド」ホームぺージ(作成中)
[PR]
by boiled_Peanuts | 2010-06-23 16:12 | イド・ブレ(整えること)


Lea@アトリエイド(boiled_peanuts)による、エコとエゴのはざまで愛をつぶやく毎日の備忘録


by リハル

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
ABOUT(はじめまして)
こども・アトリエ(造形教室)
イド・イチ/イベント出展・販売
イド・ニット
イド・マメウメミソシソ
イド・ゾメ(草木染)
イド・ブレ(コミュ・ファシリ)
イド・ブレ(体のこと)
イド・ブレ(整えること)
イド・ブレ(食べること)
イド・文庫
イド端カフェ
イド・○○
「OMな地域」の覚書
「OMな家」の覚書
「OMな庭」の覚書
「OMな食」の覚書
「OMな生活」の覚書
「OMな遊び」の覚書
「ことな語」の覚書
なう通信(iphone実験)
入園入学準備品
未分類

以前の記事

2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2001年 12月

ブログパーツ

ライフログ


オキナワの家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)


「あたり前の家」がなぜつくれないのか?


伝わる!売れる!仕事によく効くデジカメ撮影術


日陰でよかった!


ポール・スミザーのナチュラル・ガーデン


自分の仕事をつくる (ちくま文庫)


かかわり方のまなび方

タグ

最新のトラックバック

丹波の黒豆
from 三代目のダイアリー
「坪井町の町家」見学会 ..
from 三代目のダイアリー

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

クリエイター
住まいとくらし

画像一覧